評価制度の導入で
優秀な社員の離職を防止

エコー防災株式会社

代表取締役社長 熊坂正嗣様
従業員数 48名
事業内容 消防設備の設計、施工、メンテナンス
人事評価制度を導入しようとしたきっかけは何ですか
優秀な社員の離職率を低下させたい
以前より、「優秀な社員の離職率が高い」という重大な課題を抱えていました。
それを解決する為には、頑張った人が正等に評価され、報われる仕組みが必要です。
そこで、社員にも評価のロジックを公開し、評価と報酬の連動も理解した上で
働くことの出来るような人事評価制度を構築したいと考えたのが、導入のきっかけとなりました。
また、評価制度の運用を通じて社員間のコミュニケーションを活発化させることで
社員の定着や育成に繋げたいという狙いもありました。
あしたのチームを選んだ理由は何ですか
評価制度の内製化を目指して一緒に走ってくれる運用おせっかい
評価制度は難しい印象があり、「自社での運用が定着するのか」
「管理職や社員は十分に理解できるのか」等、多くの不安がありました。
しかし、あしたのチームの運用おせっかいは、
最終的に評価制度を内製化するところを目指して黒子となりサポートをしてくれる安心感があった為、
評価制度という会社にとって重要な部分を共に創るパートナーとしてあしたのチームを選びました。
人事評価制度へ期待することを教えてください
評価のPDCAを通じて経営理念を浸透させたい
評価制度には、経営理念をベースとした経営陣から社員へのメッセージが詰まっています。
その目標項目を基に日々の業務でPDCAを回していく中で、
経営理念の浸透を図り、会社としての基盤を強化したいと考えています。
あしたのチームに期待することは何ですか
豊富な同業他社の事例を活用し、自社にフィットする評価制度へとブラッシュアップ
あしたのチームの魅力は何と言っても豊富な導入実績。
同業他社の事例を参考に、運用を回していく中で
自社にフィットする評価制度へとどんどんブラッシュアップしていきたいと考えています。
人事評価制度導入後に変化はありましたか
個人の役割が明確になり、モチベーションもアップ!
目標設定を通じて社員一人ひとりが自らの業務を見直し、
改めて「自分は何をしなければならないのか」と業務に向き合ったことで、個人の役割が明確になりました。
それは、社員の仕事に対するモチベーションにも良い刺激になったと感じています。
そこから社員が「会社を、仕事をより良くしよう」という想いを持ち、
日々の業務改善へと繋がったことをとても嬉しく思っています。