評価制度の運用で
仕事を通じた自己実現を目指す

税理士法人矢崎会計事務所

代表取締役社長 矢﨑誠一様
従業員数 14名
事業内容 会計事務所
人事評価制度を導入しようとしたきっかけは何ですか
業績をアップさせ、社員に給与で還元していきたい
私としては「社員にとって仕事内容も給与も魅力的な会社でありたい」
「皆が楽しそうに働ける環境を創りたい」という思いがあります。
その為には、社員の行動改善を促し自律型人材を増やし、
その結果として業績の向上を目指すことの出来る人事評価制度が必要だと考え、
本制度の導入を決意しました。
あしたのチームを選んだ理由は何ですか
行動目標を”自ら考えさせる”仕組みに共感
前述した通り、社員が主体的に行動出来るような評価制度を求めていました。
その中で、あしたのチームの「行動目標を自己設定させる」という仕組みに魅力を感じました。
与えられた目標ではなく自ら考えて定めた目標に向かうからこそ、
より日々の行動に責任を持ち、主体的な仕事が出来るようになります。
そしてきちんと自ら振り返りも行い、上司も適切なフィードバックをすることで、
気づきが生まれ、成長につながります。
自らの成長を通じて、仕事に対するやりがいも醸成したいと考えました。
人事評価制度に期待することを教えてください
自ら積極的に行動改善し、成長することを楽しめる仕組み
評価制度を運用していくにあたり、「会社が決めたからやる」というような
業務の一貫として捉えるのではなく、個人個人が自らの成長を見通し、
積極的に行動改善していくことを期待しています。
評価制度以外にも、充実した研修や新たな業務に挑戦しやすいサポート体制など、
仕事を通して自己実現できる職場環境を整えていこうと考えております。
自ら考え、挑戦し、時には挫折し、そして立ち上がり、
その過程を経て得るかけがえのない経験の積み重ねを楽しんでもらいたい。
それを支える存在として、評価制度が根付いていってほしいと考えています。
あしたのチームに期待することは何ですか
評価と報酬を連動させ、給与水準を向上
社員が目標を達成するということはつまり生産性が向上しているということであり、
その暁には業績自体も向上していくと考えております。
仕事にやりがいを感じてもらうだけでなく、その結果として給与水準も上げていくのが目標なので、
評価と報酬を適切に連動させることを目指しております。
その為に、あしたのチームにはそのノウハウの提供に期待しています。
会社のステージが変わっていく中で、その時その時にベストな仕組みであるよう、
評価制度自体も報酬との連動も、どんどんブラッシュアップしていきたいです。
この評価制度を導入するということは、以前よりも頑張っている社員と
そうでない社員の差が明らかになるということです。
業績に貢献した社員や著しい成長を見せた社員には、その努力がきちんと報われるよう、
給与の部分に示せるようにしていくことを社員に約束していきたいです。