業績の更なる向上への起爆剤として
新人事評価制度を導入

トーサイアポ株式会社

代表取締役社長 柏原哲郎様
従業員数 110名
事業内容 新車・中古車の販売、自動車修理
人事評価制度を導入しようとしたきっかけは何ですか
会社の成長に必要な社員の行動改善を支える仕組み
人事評価制度導入の背景には、「会社を成長させたい、業績を更に向上させたい」という想いがありました。
会社を変えていくには、やはり社員の行動を変えていく必要があります。
そこで、経営理念をそのまま行動目標に落とし込むことで、
経営陣が社員に常に伝えていることを日々の仕事に反映させたいと考えました。
評価するのが難しい「行動」という定性的な部分を具体的な目標として明文化することで、
評価のロジックを社員にも可視化して適切なフィードバックをすることもできます。
そのような目的を実現する為に、人事評価制度は必要な仕組みだったのです。
あしたのチームを選んだ理由は何ですか
運用サポートで評価制度内製化に向けて徹底的に取り組みたい
以前他社で評価制度の構築を行ったこともあったのですが、
運用のサポートがなかった為に、結局形骸化してしまいました。
そこで運用の大切さを痛感していたことから、
運用のサポートに力を入れているあしたのチームを選びました。
今回、評価制度を全社としてプロジェクト化し、
2~3年かけて会社に完全に根付かせ、内製化することを目標としています。
あしたのチームへ期待することを教えてください
定期訪問や研修を通したノウハウの提供
定期訪問における評価業務の回し方のレクチャーや、
社員を対象とした研修といったサポートに期待しています。
特に評価制度に結び付けて行う目標設定研修は、思考力のトレーニングにもなります。
評価制度という大きな幹から枝葉を伸ばし、
社員の成長に繋がるノウハウの蓄積へと広がっていくことをとても楽しみにしています。
人事評価制度に期待することは何ですか
評価者となる現場の人材を育てたい
管理職の育成という、教育面での効果に期待しています。
複数の店舗を展開しているという特性上、各々の管理職に評価スキルを身につけてもらう必要があります。
そこで、目標設定から中間面談、そして評価という一連のサイクルを通じて、
まずは管理職としての意識付け、そして管理職としてのスキル向上へと、
一歩ずつ成長していくことを強く望んでいます。