評価制度について

通常は、膨大な費用と時間がかかる評価制度の導入。
そこを、我々株式会社あしたのチームは、20年間のノウハウ、500社以上の導入実績を武器に、中小・ベンチャー企業に特化した制度構築を行っております。

株式会社あしたのチームの制度構築

※以下は一例です
項目 推奨実施概要 詳細理由
1.評価回数(期間) 四半期に1度 一つの目標を継続的に意識し続くけていくのは3か月が限度であり、半期に1度でも大きな問題はないが、現代のビジネスのスピード感で言うと四半期に1度がベスト。
経営的観点からも四半期で物事を考えるべきであり、また低評価を受けても次の四半期で挽回可能であるとの理由から、四半期に1度の評価を推奨。
2.査定回数(期間) 半期に1度 半期に1度であれば、上期の失敗を下期で挽回でき、基本給を緩やかに昇降させることが可能。
3.行動目標(コンピテンシー)の総数 5~10個 これまで行動目標を設定しており、目標設定に慣れている会社であれば11~13個程度でも運用上問題ないが、一番最初は、しっかり目標を意識し、一つ一つの項目を突き詰めていくという観点で5~10個を推奨。
4.数値目標(MBO)の
総数
3~6個 数値目標は売上や粗利という項目だけでなく、「提出書類の回収率」や「契約書記載ミス”ゼロ”」など、多面的に評価することが重要なため、最低でも3個以上は掲げることを推奨。
ただし、7個以上は多すぎて意識が分散してしまう可能性があるため、最初は3~6個くらいの数値目標数を設定。PDCAを回し、慣れてきたら少しずつ増やしていくのがベスト。
5.一等級上がるごとの
基本給のレンジ(刻み)
変動
2,500円刻み 少しでも上がるということでモチベーティブさせることと、下げるというオペレーションを考えた時に、下げ易いという理由から。
ただ責任が増すので、一定の役職者以上は5,000円刻みにしても可。
6.基本給の昇降レベルの
設定
下げる場合は緩やかに、上げる時はやや大きめに 下げるというオペレーションを施すことで社員へ意識改革(危機感)を促すという狙いと、劇的に乱高下させてモチベーションを損なわせないという2つの観点から、「下げる場合は緩やかに、上げる場合はやや大きめに」を推奨。
下げることをしないというのは企業が継続していく上で、人件費率の恒久的な上昇に繋がるので好ましくない。
ただ、上下に乱高下することは社風形成上、問題が生じやすいので、緩やかにマイナス評価も施しつつ、86点以上の優秀な社員は15段階も上げられるという、高い目標を社員に持たせることが理想的。
7.最低基本給の設定 低めに設定する 実際に最低基本給の社員を出すか出さないかは別として、下げたくても下げられない状況を作らないためにも、なるべく低めの金額を設定することを推奨。
8.行動評価の評価段階の
設定
4段階評価 原則奇数段階では評価せず、偶数段階で評価する。
奇数だと真ん中の数字(可でも不可でもない)という評価を付けることができてしまうため。偶数であれば評価に意思が入る。
また行動は定性的な要素であるため、4段階以上の数字で評価をするのが難しい。4.できた、3.まあまあできた、2.あまりできない、1.できない で評価するのが理想。
9.数値評価の評価段階の
設定
6段階評価 原則奇数段階では評価せず、偶数段階で評価する。
奇数だと真ん中の数字(可でも不可でもない)という評価を付けることができてしまうため。偶数であれば評価に意思が入る。
また行動評価と違い、数値評価は尺度を決めることで6段階程度で評価することが可能なため。

コンサルティングサービス

弊社では、評価制度導入にあたり、ヒアリングや人事政策研究所代表の望月先生による、全社員向け、または考課者向け研修を執り行っています。
導入スケジュールとして4~8回のミーティングを組み込み、お客様が評価制度を始動するに至るまで、詳細かつ幅広くお手伝い致します。
コンサルティングサービスは、お客様のご要望に合わせて、「目標シート設計&スタートアップフォローサービス」「報酬制度設計」
二つのプランをご提供しております。

目標シート設計&スタートアップフォローサービス

  • 弊社にてご提供

    • 現状の評価制度のヒアリング
    • 経営理念の再確認
    • 人事制度構築に関する方針の検討
    • 他者の詳細の事例紹介
    • 運用時に予想される課題解決
    • 評価シートの分類(目標項目によって、
      何枚かの評価シートに分けるかの決定)
  • 貴社にて決定

    全社共通、職種共通、職位共通、パーソナル のコンピテンシー数と内容の決定
  • 弊社にてご提供

    • 各シートごとのMBOと数、項目、ウェイトの決定
    • コンピテンシーMBOのウェイトを決定
    • 貴社決定事項の確認、質疑
    • 基本給評価ランク決定へ向けての
      シミュレーション
MTG6回+考課者研修+社員説明会+目標添削 3,000,000円
※上記内容と考課者研修と社員説明会と目標添削を実施します。ここまでで目標管理制度がスタートできます。

報酬制度設計サービス(基本給と等級制度)

    • 最低基本給の決定
    • 基本給昇降レンジの決定
    • 評価ランク決定へ向けてのシミュレーション
    • 評価ランクの決定
      (評価シート上、何点取ると基本給がいくら増減するのかが決定)
    • 社員向け説明資料の作成と、決定事項の復習、及び運用に向けての
      質疑応答
    • 貴社決定事項の確認、質疑 …等
  • オプション

    • 人事政策研究所代表の望月先生による全社員向けの研修、もしくは考課者研修を実施(2〜3時間)
MTG5回 2,000,000円
※制度構築は代表の高橋がファシリテーションする場合は、上記金額の50%増しになります。